前々から話はあったのですが、ここのところ内々で話がまとまりウエストポイントさんへ練習に行ってきました。ほら、もうすぐ年忘れエンデューロじゃないですか!?(笑)

今回のメンバーは、大晦日の年忘れエンデューロに同じチームで参加するkazさん,shigelさんと私の3名です。早朝、私の家までDR-Z400Sをピックアップに来て貰いましたが、shigelさんの体調が良くない模様。今回、shigelさんはお休みと言う事になり、kazさんと二人でウエストポイントさんに出かけます。

ウエストポイントさんに到着して準備も済ませ、いざ出陣!kazさんは'07のKX250Fにも慣れてきたようで、快調です。私は先日履かせたAC10の感触を確認しながら、恐る恐る走ります。だって、DR-Zでちゃんとダートを走るのは今回が初めてだもん!(笑)
まず問題が発生したのはDR-Z。シフトペダルの位置を調整していなかったため、ブーツを履いた状態ではシフトアップができません。問題と言うより準備不足ですね(笑)ペダルの位置調整の為、アンダーガードを外したりと手間取りましたが、なんとか調整も終わらせ走行再開です。

次に問題が発生したのはkazさんのKX250F。右のタイトコーナーでコロンと転倒してしまいました。転倒そのものはごくごく低速でしたのでkazさんに怪我もなく一安心。
ですが、ピット(というかトランポの所)に戻ってきたところ、KXが白い煙を上げています。最初は「あぁ、転倒した時にオイルか何かが漏れてエキパイにでもかかったのかな?」と思ったのですが、どうも煙と言うよりは湯気です。おやー??と思いよく見てみれば、左側のラジエーター下部から湯気を噴いている様子。

SANY0181.JPG

KXの様子をチェックしているkazさん。

よくよく見たら・・・

SANY0182.JPG

冷却水を通すラジエーター下部のパイプが抜けてしまい(という言い方が的確かどうか?)、冷却水が漏れてしまったのでした。
転倒したのは右コーナーなのですが、どうも転倒した時に左足のつま先でパイプを蹴ってしまい壊れたようです。ブーツの左つま先がクーラントでビチョビチョでした。なんでも最近のKXは凄く軽いラジエーターコアなのだそうですが、確かに薄い部材でしたよ・・・
転倒してからピットまではすぐの場所で、冷却水が抜けきる前にバイクを止めてエンジンも停止させたため、これ以上の大事には至らずに済みました。不幸中の幸いです。

KXが走れなくなってしまったため、私のDR-Zに試乗します。
私は「重いっっ!恐いっっ!疲れるっっ!」と言いながら乗っていたのですが・・・

DR-Zに跨るkazさん。

SANY0183.JPG

「足つきはKXとそんなに変わらないよ」らしいです。シート高はDR-Zの方が低いのですが、それほど足つきがかわらないというのはシートの幅なんでしょうね。
あ、今回のDR-Zはシートをノーマルに戻し、ナンバーとミラーを外してライト類にテーピングをした位かな?

DR-Zを試乗するkazさん。

SANY0185.JPG

kazさん曰く、「このバイク、すっごく楽!」だそうです。
「重いっっ!恐いっっ!疲れるっっ!」と言っている持ち主である私の立場は・・・(鬱)
DR-Zに乗っているkazさんの動画はこちら。(Google Video。YouTubeにアップロードできなかったの)

しかし、今日は思いっきり走りたいkazさん。DR-Zの順番待ちは体に良くありません。
そこで、ウエストポイントならではのメリットを生かし・・・

SANY0187.JPG

CR125をレンタルしてきました(^^)

「いやぁ、初めて2stで・・・それもモトクロッサーだよぉ!」と言いながらも、まぁ走る走る。

SANY0189.JPG

私も何度か後を追いかけたり、先行したり試してみましたが、どうにもこうにもスピードが違います。Levicoの腕ではダメじゃん。
同じくCR125に乗っているkazさんの動画はこちら。(これもGoogle Video)

そうそう、レンタルのCR125で練習をしていた人と色々お話ししました。
なんでも普段はGSX-R1000と250SBに乗っているそうです。先週末のモトクロスごっこを走ってみたら、とても楽しかったのでまた来ちゃいました!とか。

我々より一回り位若い方でしたが、午前中はおっかなびっくり(失礼!)走っていたのですが、午後にはなかなか良い感じで走っていました。夕方はLevicoより速かったもん(うるうる)
どうも、「もしかしたら年忘れエンデューロを見に来るかも」という事でしたから、ひょっとしたらお仲間が増えるかも知れませんね!?


ウエストポイント(というか、ちゃんとしたコース)を走るのはkazさんは2回目(12時間耐久エンデューロと今回)で、私は4回目(CR80のレンタル,モトクロスごっこ,12時間耐久エンデューロと今回)と見事なまでの初心者です(^^)
お互いに普段乗っているシェルパからフルサイズを追加して数ヶ月。休日の度、熱心に練習している訳でもないので、こんな感じですかねぇ。。。
簡単ですが、Levicoが感じたAC10。

「公道走行可能」とはされていますが、まさにモトクロスタイヤです(笑)

ターマックの走行はとっても恐いですね(^^)IRCのTR-011 Touristというトライアルタイヤで公道を走るより恐いです。特に止まらないもん!(^^)

ただし、ウエストポイントの様な路面ではとっても良いです。今回は重機でコース改修を行った直後のようで、あちこちにキャタピラで引っ掻いた跡がありましたがグイグイ走ります。
DR-Zではありませんが、12時間耐久エンデューロの時はシェルパに前後T63を組んで走りました。T63は前後方向のグリップは良いのですが、横方向は滑るかな?(パターン通り)という印象でした。AC10は前後だけではなく、横方向もバッチリです。
まさにこういう路面には向いたタイヤですね。